私たちは「SOD様作用食品 ニワ・ライフ」をはじめ、様々な商品を通して、皆様に健康で明るい生活をお届けするために活動しています。私たちが健康をお届けする手段として商品があります。

ネオビス Q&A





サイトマップ

丹羽博士の『SOD様作用食品』について、よくお寄せいただく質問と答えをまとめました。

《Q1》活性酸素とは何ですか
普通の酸素に比べ、他の物質と非常に反応しやすい酸素です

TOPへ

《Q2》体内の活性酸素の必要な働きとは
細菌や異物が体内へ進入した際、食細胞がこれらを貪食し、活性酸素を発生させ細菌や異物を溶かし分解します。生体の防御上大変必要な物質です

TOPへ

《Q3》必要な活性酸素が何故問題になっているのですか
体内において細菌や異物を溶かし分解させることは大切な働きですが、出来過ぎた活性酸素は体内の他の細胞までも溶かし分解します。現在、病気の90%以上に関与しているといわれています

TOPへ

《Q4》活性酸素は、他にどのような原因で発生するのですか
紫外線、X線、ある種の電磁波、農薬、食品添加物、排気ガス、ストレス等が活性酸素を発生させます。また呼吸により取り込まれる酸素も一部は活性酸索に変化します

TOPへ

《Q5》「SOD」とは何ですか
スーパー・オキサイド(活性酸素)、ディスム(取り除く)ターゼ(酵素)スーパー・オキサイド・ディスムターゼの略で、過剰な活性酸素を除去する酵素です。体内の細胞で作られ、この酵素のおかげで過剰な活性酸素の害から体を守っています

TOPへ

《Q6》全ての活性駿素の害はSOD酵素が防いでいるのですか
体内のSODの力は遺伝的な要素に関係します。そのため個人的にSODの力の弱い方は、若い頃から活性酸素の害を受けます。また35歳を過ぎる頃から、SODの力は急激に落ち、活性酸素の害で発生する生活習慣病、ガンを始め、各種の疾患、シミ、シワ等が増えてきます

TOPへ

《Q7》SODは過剰な活性酸素の古を防ぎ、充分なSODがあれば生活習慣病、ガンを始め各種の疾患の予防が出来るのですね
その通りです。体内で十分なSODを産生できれば、予防できます

TOPへ

《Q8》不足したSODを体内に取り込む事は出来ないのですか
SODは酵素であり、酵素は分子量が3万以上あるため口から取り入れても、腸から吸収されません。その為SODを体内に取り込むためには注射しか方法がありません

TOPへ

《Q9》SODの注射が臨床の現場で使かわれていたと聞きましたが
京都大学医学博士 丹羽靭負氏とフランスの生化学者ミッケルソン博士との共同研究で牛の赤血球から取り出したSODをリボソームで包んで作られた注射液が多くの難病患者に使われ大変大きな効果を発揮しました

TOPへ

《Q10》現在も臨床の現場で使われているのですか
大変残念なことに狂牛病の問題から牛の血液から作られる製剤は禁止されました。そして他の、例えば人間の赤血球を利用して作られたSODの注射液は効果が認められず、多くの科学者、製薬会社が開発を試みましたが、現在は研究を断念しています

TOPへ

《Q11》丹羽靭負博士とは、どのようなかたですか
京都大学医学博士土佐清水病院院長、丹羽免疫研究所所長臨床医として世界で初めてSODと活性酸素の研究に取り組み、現在「活性酸素とSOD」研究の第1人者、また活性酸素を抑える働きがある『SOD様作用食品』の開発者です

TOPへ

《Q12》丹羽博士の現在の活動は
丹羽免疫研究所において活性酸素とSODの研究、また臨床医として現在も第一線で診療に当っています。全国300名以上のドクターと提携、丹羽研究会を主催され定期的に研究発表会を開催しています。また各地において一般の人を対象にした分かりやすい講演会を開催され大変好評を頂いております

TOPへ

《Q13》丹羽博士の診療を受けることが出来るのですか
高知県土佐清水病院、サテライト診療所(福岡・新大阪・名古屋加賀新潟駅前・札幌・横浜駅前)その他全国の提携病院において定期的に患者を診療、治療を行っております

TOPへ

《Q14》『SOD様作用食品』とはどのようなものですか
SOD注射液に代わるものとして、丹羽博士が開発された体内でSODの働きをする食品です

TOPへ

《Q15》丹羽博士はどのような事から『SOD様作用食品』を開発されたのですか
一見ひ弱にみえる植物の葉や穀物が長時間紫外線(活性酸素)にさらされているにもかかわらず健全に成長していることから、自然の植物、穀物中には、ある種の抗酸化作用を含有していることに着目しました

TOPへ

《Q16》植物にはどのような抗駿化作用を含有しているのですか
植物の葉や穀物には活性酸素の害から自己を保護する為に30,000以上の高分子化合物と、使われない200〜300の低分子化合物の「抗酸化物質」が重合状態で大量に含有されています。しかし植物の高分子の抗酸化物質はそのまま食しても胃液で分解されるか腸から吸収されません。また低分子化合物の重合を切ることができません

TOPへ

《Q17》植物はなぜ使われない低分子化合物を含有しているのですか
本来人間は胃液で重合状態の低分子化合物を分解していました。しかし人間は遠い昔熱を使い調理する事を覚えたため胃液が退化し、低分子化合物の重合を切ることが出来なくなり、SODの働きが体内において出来なくなったのです

TOPへ

《Q18》『SOD様作用食品』はSODの働きを体内において作用させる事が出来るのですか
その通りです。丹羽博士は長年の研究の末、植物の低分子化合物の重合を切ることに成功しました。「抗酸化作用」すなわち人体におけるSODの作用を体内で作用させる事に世界で初めて成功したのがこの『SOD様作用食品』なのです

TOPへ

《Q19》丹羽博士の『SOD様作用食品』はどのような方法で重合を切ることに成功したのですか
遠赤外線で焙煎、麹で発酵する製法を完成させ、低分子化合物の重合を切ることに成功しました(世界11ケ国で国際特許をとっています)

TOPへ

《Q20》なぜ遠赤外線での焙煎か必要なのですか
普通の加熱方法ですと表面から100°を超す高熱で加熱され、重合が切れたとしても炭化が起こりSODの効能を発揮できません。そのため遠赤外線により内部より加熱が必要なのです

TOPへ

《Q21》麹での発酵は
最初にそれぞれに適した麹菌を探しました。それぞれの原料を充分水分で浸し、蒸した後、選択した麹菌を加え、30〜32゜で約72時間発酵させます。(発酵時間が長すぎてもよくない)その後直ちに温度を下げ2〜3週間かけて自然乾燥させます

TOPへ

《Q22》原料として胚芽、胡麻、大豆、粕、ハトムギ、小麦を使用していますがその理由は、またその中から単品の原料ではだめなのでしょうか
丹羽博士は考えられる多くの植物を原料として研究し、臨床研究の結果から上記の植物を選択しました。 また多種の植物を組み合わせて使用する事により、単品で使用するよりも大きな相乗効果をあげる事を発見しました

TOPへ

《Q23》油剤化はなぜ必要なのですが
細胞の内膜は脂質でできているため水溶性の物質は水と油が反発しあい細胞内に入りにくいのです。そのため油剤化が必要です。また博士の臨床研究の結果では、過酸化脂質の減少に大きな差が出ました

TOPへ

《Q24》なぜ油剤化は胡麻の油なのですか
胡麻は油の中で最も酸化されにくい油のーつです。厳選した胡麻を遠赤外線照射で焙煎、特殊な搾汁機を使って絞った胡麻油を使用しています

TOPへ

《Q25》抹茶、柚子の働きは
最後にビタミンCを作用させることにより相乗効果が高まることを発見し、自然のビタミンCの豊富な抹茶、柚子にビタミンCの分解を防ぐ特殊処置を行い加えています

TOPへ

《Q26》抹茶をそのまま飲んで胃を荒らすことはないのですか
抹茶はそのまま食する場合、胃を荒らす心配があります。博士は抹茶成分の中より胃を荒らす成分を分離し除去しています

TOPへ

《Q27》最近の商品は杜仲茶が入っていると聞きますが
丹羽博士は『SOD様作用食品』の有効性を高めるため現在も研究を続けています。杜仲茶の特殊加工したものを加える事によって有効性が高まる事を発見、平成13年4月の商品がら杜中茶が入っています

TOPへ

《Q28》ビタミンCの活性酸素に対する有効性は
丹羽博土の研究によるとビタミンCは単独で飲用された場合、活性酸素を除去する効果が認められますが、ある程度の量を越えると、逆に活性酸素を増やし、血管内において過酸化脂質を増加させます

TOPへ

《Q29》化学合成された健康食品の効能は
人間は長い間、自然な物のみを食してきました。そのため人間の細胞のレセプター(受容体)は自然以外の物は細胞内に取り人れにくくなっています。また化学合成されたものは、体内において異物と判断され、副作用の心配があります

TOPへ

《Q30》よくSOD 力価か高い、低いどの話を聞きますが高いほど良いのでしょうか
SOD力価は高いほど、抗酸化の働きが強いといえます。しがしSOD力価は試験管内での数値であり、体内でのSOD効果どは一致しません。大切なこどは、体内においてSOD効果がどのように発揮できるがどうがが問題であり、体内におけるSODの効果が高い低いが問題です。

TOPへ

《Q31》色々な健康商品の話を聞きますか、体に有効かどうかは、どのような基準で考えたら良いのでしょうか
色々な健康食品が有効性をうたっていますが、その多くは試験管やマウスを使った実験での有効性であり、人体に対しての有効性を証明された商品は少ないのが実情です。問題は体内に吸取され、体内において有効に効果を発揮出来るがどうかが問題なのであり、その事を基準に健康食品を選ぶ必要があります。丹羽博士の「SOD様作用食品」は人体への有効性が証明された商品です

TOPへ